メニュー

水溶性大豆多糖類とは

時間: 2021-03-04
出典:
0 回数:

 水溶性大豆多糖類は大豆或いは大豆粕を原料にして、抽出と精製工程で製造できる天然的な水溶性食物繊維であります。水溶性大豆多糖類は主に酸性乳飲料、風味発酵乳に使われ、蛋白粒子を安定する同時に、粘度が低く、口当たりがさっぱりなどの機能があります。炭酸飲料、カクテル、米や麺製品、医薬品などの分野にも幅広く使用されており、市場からの注目をだんだん集めています。



 水溶性大豆多糖類は大豆多糖類に略称され、大豆や大豆粕を原料にして、脱脂、抽出、純化、殺菌、乾燥などの工程で生産できて、生産工程は下記のようであります:(図1のように)

図1 水溶性大豆多糖類の生産工程図


 水溶性大豆多糖類はガラクトース(Gal)、アラビノース(Ara)、ガラクツロン酸(GalA)、ラムノース(Rha)、トレハロース(Fuc)、 キシロース(Xyl)とグルコース(Glc)などの分子が1,4-グリコシド結合、1,6-グリコシド結合を通して繋がっている酸性多糖類で、構造はペクチンに類似して、分子量の範囲は5000―1000000uです。



分子结构


関連する推奨事項